ふらふらメモ

メモ感覚の、気楽なブログです

ドラマのあるマクロ写真を撮ってみたい(願望)

ドラマティックマクロ

 

・・・ウソです、ドラマティックになりそこねたマクロです。 

つーか、とりあえずフォルダの上のほうだけガサゴソしたら出てきたやつ。
ちなみに、シグマの70mmマクロで撮ったらしい(データによると)。

 

マクロフォト

 

 

ビーズのマクロフォト

 

技術的なことや、「写真を撮る上でのお約束」みたいなのは私にはさっぱりわかんないのだが、少なくとも私にもわかる問題点はこの写真の中に「主役」がいないってことじゃないんだろうか・・・。

ボーカルのないBGMみたいな・・・ぜんぶまとめて背景みたいな・・・くじ引きで言うなら5回引いて全部5等、みたいな・・・。

ぶっちゃけ、私が夢見たドラマチックフォトにはほど遠いじゃん!!


やっぱ、単なる「数打ったらたまにはまぐれ当たりもあるんじゃ?」というこれまでの心がけではアカンのですよね・・・。
私はこれまでまぐれ当たりと神頼みをアテにしてシャッターを切り、ゴミを量産してきました。

 

今日はさすがに「反省」をしまして、写真フォルダを「ゴミの山」にしないためにはどうしてくれよう?と、アホが頭をヒネリました。

 

改善ポインツ

 

自分メモです。
証拠を残して自分に呪文をかけるのです。

 

1) 頭の中に絵コンテを描く

 

ともかく「こんなの撮りたい!!」という願望を具体的にイメージする。
・・・・ことを心がける。

2)お膳立てをちゃんとなるべくやる

 

絵コンテに基づいたセッティング。
場所とか時間帯とかレンズ選びとか光とか・・・ロケハンみたいなのもやったほうがよさげ・・・?

3)タナボタを待つ

 

 被写体の変顔とか、狙ったポジションにチョウチョでも飛んでくるとかそんなの。
ぶっちゃけ1と2をすっとばしても(オイ)、このタナボタがない限り、ドラマにならないのでシャッターは切らない。
(コマ数が減るとチェックもラクだし)

 

面白いマクロレンズ

MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォトによる写真

 

これねこれね、その気になれば5倍まで撮れるしめっちゃ面白いんですよ。
ただ、ヘタクソがうかつに手を出してはいけないレンズでした。
悪戦苦闘した挙句全く使いこなせないまま、今お蔵入りになってます・・・・。
それはさすがに勿体無いのでそろそろ引っ張り出そうかなあ・・・・。

時間の余裕がない時などは武装の段階で心折れるが・・。

なんせ(できれば頑丈な)三脚必須。手持ちはまず無理。これでもかってほどの光源確保!しかもレリーズかタイマー使わないと、シャッターの衝撃だけでもピントが外れるという、おそろしい子!

ちなみに5倍とか、めっちゃ筒(?)伸び~~~~る。そして数ミリでもズレようもんなら、あれっ、被写体どこいった??ってなります。

けど、上手い人が使ったらサクっと見たことのない世界が撮れちゃうんだろうな~。
いいな~、上手い人。うらやましいぞ!!

 

MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト

 

MP-E65mm F2.8 1-5×マクロフォト

 

テストテスト

大きな画像が貼れるかどうかのテスト

 

ブログのデザインを変更したので、大きい画像が貼れるようになった気がします。
早速テスト。

 

縦長。

 

水の写真

 

横長

 

足摺方面の海の写真

 

 

写真って撮ってるときは楽しいんだけど、あとから見るとアチャーってなるんですよね・・・。

まぁヘタクソのくせに適当人間だから仕方ないんですけど、たまに三脚とかフィルタとか使って天才的なショットを狙って撮ってもやっぱし残念な写真しか撮れてないのはどゆこと?

最近は、家族旅行の時ぐらいしかカメラを手にすることもなく、テキトーに数を撃っては外してきたんですけど、やぱし思い出はそこそこ見るに耐える形で残さねば、と最近心を改めました。

大それたことを言いますが、できればアチャーってならずにすむ写真を撮れる人になりたいんです。

思うに、それには二つ方法があるのでは・・・。

一つは、地道に腕を磨くこと。
もう一つは、あつかましさを磨くこと。

そりゃ理想は上手くなることなんですが、手っ取り早いルートは一目瞭然。
うむ、目指す方向が決まりました・・・・・。

これからは下手でも気にせず、ブログにアップするとします。
しかもデカイやつを。フハハ。

 

 

彼岸花

ひさしぶりにカメラを持って

 

台風一過で気持ちの良い青空が広がったのでなんとなく彼岸花を撮りに・・・。
一年以上まともにカメラを手にとっていないので、ちょっとリハビリのつもりで。

レンズは100mmマクロと70-300mmズームの二本だけ持った。
もっと身軽に、50mm一本でも良かったな。

でも彼岸花には時期がちょっと早かったみたい。

車窓からちらほら赤いのが確認できるかできないかぐらい。
背後のキラキラを狙ったけど、川は濁流。

結局道端に車を停めて、用水路をバックにマゴマゴしながら(操作忘れてる!)ほんの数ショット撮っただけ。
案の定撮った写真は、私にもわかるぐらいヒドイwww。

これはもう、少し涼しくなってまた咲き誇ったころを見計らって写真の練習しに行かねばなぁ・・・。
できればいつかは、上達したという実感を得てみたい・・・。

 

彼岸花モノクロ

 

 

 

彼岸花、いっそ茎も赤だったらいいのに・・・。
というぐらい、茎の緑が邪魔だったので、少しトリミングして白黒化してみました。
うむ、意味不明。w

これまで、行き当たりばったりにシャッターを切ってきただけだけど、ほんとうはテーマを決めて絵コンテを描いて、それを実現できるような画を撮るべく努力するようなやりかただったら、テンションあがるんじゃないかなぁ。
ただリサーチ力技術力ない上に、それ以前に致命的なのはこんな画を撮りたい!ってパッションがない。
ハッキリ言って、イマジネーションが枯渇してるんです。
あと出不精で面倒くさがりなのが弱点だよなぁ。何をやるにもぶっつけ本番。
改善したいけどどうすりゃいいの。

わかんないから、今日は脳内ホルモンの出し方みたいな本をつい買ってしまった。
積んドクにしないようにしなくちゃ・・・。

 

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

脳を最適化すれば能力は2倍になる 仕事の精度と速度を脳科学的にあげる方法

 

 

 あと、トンシノちゃんの本買った!
夜ベッドで読んでホッコリしよう。
このシリーズホントに好き。

 

 

うちの猫がまた変なことしてる。3

うちの猫がまた変なことしてる。3

 

今気づいた、 3も出てるんだ!!2巻までしか買ってない!

 

 

ともあれ、ヒドイ彼岸花の写真だけ載せるのもあんまりなので、うちの世界一可愛い猫の写真も貼っとこう。

 

可愛い猫

 

ずーっとスマホでしか撮ってなかったけど、一眼で撮ってもカワイイなぁ・・・。
ウププ、「モデルが良い」って素晴らしい。