読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふらふらメモ

メモ感覚の、気楽なブログです

HOLE(イラストのタイトルね)

ダメ人間の心の穴からダダモレするカゲの声

イラスト/hole

Netflix火花お題「夢と挫折」

ネトフリの契約を再開して、火花見ました。
感想がヒトコトですむようなドラマではなかったんですが、あえてヒトコトに短縮すると、

あのラストで、
ほかならぬあのラストで、

「又吉先生様!!天才!!」と、強く思いました。


いいなぁ、天才。
うらやましいなぁ、天才。
頭の中どうなってるのかなぁ、天才。
儲かるのかなあ、天才。

 

 ■続き


私はまぁ、「ダメ人間の鑑」として自覚ある行動を心がけ、毎日のように、「天賦の才能を得る」という夢を見ては、当たり前に挫折してます。

 

今日も今日とて、

 

「スペシャルな商才があればいまごろ屋上にヘリポートがあるような豪邸に住んで、いざ、ゾンビが襲ってくるような有事には、最短距離で逃げ出すことができるはずだった。」

とか、

 

「グレートな文才があれば、いまごろブログを更新するたびに、100万人のファン様が、夏ばてしないようにちゅっ!とか優しいことを言ってくれて、いっせいにビールのお中元が届いているはずだった。」

とか、

 

「マンボでチャチャチャな画才があったら、いまごろ線を1本引くだけで、一号100万円の値がつくような、人間国宝になってたから、あとは1日中ゴロゴロして、アザラシの気持ちになってるはずだった。」

 

とか、妄想果てしないワケなんですけど、

 

ひとつとして例外なく、全ての野望が頓挫している現状を思うと、壁に向かって頭をゴンゴンせずにはいられません。
いや、しないよ。痛いし。

 

敵はプライド

 

そんなアタイも、若かりしころは、実現したいことがありました。

短く言うと、大先生になってふんぞりかえってみたかったんですけど、まぁ、実現できませんでした。
省みるに、才能不足、努力不足、いろんな理由があったんだろうけど、最もやっかいだったのが、ちょっと変形した「プライド」でした。

いや、本物の信念に支えられたものなら、プライドって美しいなあ、と思うんです。

実際、「火花」は、妥協を許さぬ天才のプライドやそれゆえの孤独に、胸がキリキリするドラマだったし。

でも、アタイは正真正銘凡人・・・・ちゅーか、純正のアホのくせして、なんかの拍子に偶然ゲットしたプライドだけを、水やりして育ててしまったのだ。

そして、「プライドにかけて、そんなことはできないざます!」とか言って、チャンスを何度も棒に振ってしまうのです。

 

ともあれ、当然のごとく挫折を経て、手に余るプライドも、手放すことになりました。
今にして、私にとっての挫折って、身の丈を知る「愛のムチ」だったのかもな、とか思う。


などと、ちゃんとまとめようと殊勝ぶりっこしてみたものの、

「ちっ、やっぱふんぞりかえりたかったな・・・・。」

というのが本音です。アタイはアホだぞ。そんなに簡単に進歩してたまるか。

 


Netflix火花お題「夢と挫折」

Sponsored by Netflix