ふらふらメモ

メモ感覚の、気楽なブログです

色鉛筆が好き

お題「ついつい集めてしまうもの」

色鉛筆の収集癖

ホントはミニマリストを目指しているんだけどなぁ・・・・。

困ったことに、つい、集めちゃいます。だって、眺めてるだけでも、色とりどりできれいだし。
ぶっちゃけ、絵の具だったら、必要な色しか買わないのに、色鉛筆だけは、使わない色まで、つい理性を欠いて買っちゃいます。

 

色鉛筆と一口に言いましても、めっちゃ色々あるんですよね。
アタイは、なかでも水彩色鉛筆が好きなんですけど、油性の色鉛筆だって、溶剤をを使えば面白いし、ってことで、ほっといたら、見境なくあれもこれも、「欲しい!」ってなります。

いずれ、全てのメーカーの全てのシリーズを、全色揃えて並べた部屋で、恍惚となるのが夢。

 ■続き


でも色鉛筆といえども画材のはしくれ。
ぶっちゃけ、メーカーによっては、「高っっけえよ!!!」ってのけぞることしょっちゅう。
たぶん、ワンダーコアでもあったら、1週間で腹筋割れるんちゃうかな。

とりあえず、色鉛筆1本増やすという道楽は、庶民の晩酌と引き換えです。

 

f:id:seicolin:20160328171102j:plain

f:id:seicolin:20160328171134j:plain

 

気楽にラクガキできるのが魅力

まぁ、高っけええええ!とアゴが外れるのは、100色以上をセットで買う!!みたいな時の症状なので、通常の神経だったら、最も身近な画材として、親しくつきあえるのではないでしょうか。
アタイんちの色鉛筆は、大体、ラクガキ専用です。
準備も後片付けもいらない手軽さで、このような、自分だけが楽しくも、ハタメにはしょうもないラクガキを、バックアップしてくれるありがたさ。

 

f:id:seicolin:20160328172416j:plain

f:id:seicolin:20160328172527j:plain

 

ひどいラクガキですよね。自覚あります。
今、私はたぶん、絵に関してはデガラシで、ちゃんと描こう、と思うともう一切なにも描けない、という不治の病を患ったんですけど、こういう誰にも貢献しない、ラクガキだったら結構楽しく描けるんです。

今、イラストと完全に縁を切らずに済んでるのは、たぶん色鉛筆のおかげだと思う。

 

フェリシモの500色

アタイは病気だからつい集めちゃうけど、もしノーマルに戻れたら、実際使う色なんて32色ぐらいで充分かな、って感じです。
やわらかめの上質の色鉛筆だったら、混色もできるし、そもそも弘法、筆を選ばずと言うもんね。

でも、アタイ弘法じゃないし煩悩もあるし、病が重いわけだから、今、フェリシモの500色の色鉛筆が欲しくてもう、たまんないです!!
やつめを手に入れるためには、むこう1年ビールを絶ってもいい!とまで決心したのに、なんと、売り切れだって言うんですよ!ヒドイ!!