ふらふらメモ

メモ感覚の、気楽なブログです

バルコニー掃除に手をつけました

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」

私のGWミッション

 

話せば長いことながら・・・。
我が家にはスカイバルコニーってやつがありまして・・・・。

愚痴ります。よろしかったら酒の肴にでもしてください。 

問題のスカイバルコニー

もとはといえばこんな感じで、なかなか気持ちのいい場所にすることが出来ました。

たとえばヤキトリとビールを持って、スカイバルコニーで休日を過ごすのもアリじゃん?とか血迷って、重たい樹脂デッキパネルを、3階まで、えっちらおっちら運んだわさ。
翌日、めっちゃ激しい筋肉痛に襲われながら、あとは、ハンモックとか設置したらば最高かもな、とかニンマリしつつ・・・。

f:id:seicolin:20160429133845j:plain

 ■続き

盆暮れ(?)だけのための設備

まぁ、さすがのアタイも、やがて現実を見るハメになります。

庭がわり、とかゆーても、いちいち3階に昇るの面倒くさい!
プランターやら土とか運ぶの重たいし、風が吹いて、なんかバタバタ倒れたらヤダ。ぶっちゃけ、手のかかるもの何も置きたくない。

たまに、人目につかず日光浴とか、家族ビヤガーデンとかやってみるものの、夏は暑いし冬は寒いし、結局1年のうち、2~3回ぐらいしか使わない!!


いや、そもそもなんで3階にこんな無用の長物(バルコニー)を作ったかと言うと、ひとえに花火を見るためでした。
ハウスメーカーの営業さんに、「ここからは花火見えますよ!!最高ですよ!!」と言われてついつい、その気になっちゃったのだよね。
オバカ。アタイ、オバカ!!
もうちょっと冷静に考えれば、花火のあがる方向に山あるじゃん!ってわかりそうなモンなのに・・・。
実際、花火は大玉の上半分しか見えません。


そんなわけでこのバルコニー、ながらくほったらかしていたのだが、先日ふと扉を開けたら、パネルデッキの黒~い汚れが目にとまり・・・・。
洗わなきゃな~、とためしに1枚ひっくりかえしてみたら・・・・。

パネルデッキの裏側は阿鼻叫喚

あたりまえですが、隙間にいろいろたまってました。
まっくろな汚れとかハッパとか虫の屍骸とか・・・・。
デッキブラシでこすれば、けっこうきれいにはなるんですけど、ぜんぶ外して水洗いして、また設置・・・とか考えると、気を失いそうになりました。
高圧洗浄機買ってくるべき?

いや、今にしてしみじみ思うんだけど、家とゆーモノはシンプルが一番。
なるべく清潔に暮らしていくためには、掃除が簡単、ってことに勝ることはないもんなぁ。
よって、潔くデッキパネルを断捨離することに決定しました。

 
とはいえ、それからが大変でして・・・・。

f:id:seicolin:20160429125619j:plain

f:id:seicolin:20160429125556j:plain

ここまでするのさえ、めっちゃ大変でした。
ゴシゴシするの、肉体労働だわ、ネコのテンション、めっちゃ上がるわ・・・。

しかも、時間をかけて、汚れが定着してしまったのか、完璧にきれいにならないのが悔しい・・・。


さらなる問題点

つーか、樹脂パネル重い!
なんつっても息子以外男手のない我が家(アタイ、バツイチ)、一度に運べるのはせいぜい6~7枚。
しかも最悪なことに、ここって3階なのですよ。
パネル汚れてるから、室内には置きたくないし、三階から一階、そして家の外まで、猫の邪魔をかいくぐって、アタイ一体何往復すりゃいいの・・・。

 

▼写真は、扉が開くのを待ち伏せしてるネコ。
こいつをお外に脱走させるわけにはいかない・・・。

f:id:seicolin:20160429153545j:plain

 

ちくしょー。もし過去のアタイにひとつだけ忠告するなら、せめて樹脂パネルじゃなく、全部人工芝パネル(まだしも軽い)にしとけ!!と言いたい・・・。

あと、マンション生活が主だった頃には思いもよらなかったことだけど、木造では、バルコニーに出るためのドアって、立ち上がりが15センチぐらいあるんです。
木造住宅の構造上の問題らしいけど、重たいパネルを抱えて、エイヤっていちいち段差をまたがないと、出入りできないのが、地味にしんどい!

ふう・・・・ゴールデンウィーク中に、無事にゴール(粗大ゴミに出す)できるのだろうか・・・。
ぶっちゃけ、明日は筋肉痛で、廃人になってる予感がします。